ウィルスセキュリティーについて

ウイルスセキュリティ

ウイルス、スパイウェアの自動処理
ウイルスやスパイウェアを検知すると自動的に排除し報告されます。メールの場合も適応し、自動検査をした結果ウイルスなどがある場合は自動隔離することが可能です。

ヒューリスティック機能
ウイルス特有の性質からウイルスかどうかを判断します。常に新しく進化しているウイルスにももちろん対応可能です。

ポリモーフィック型ウイルス検出
ウイルスかどうか判断しづらいものはメモリ内で仮想ファイルを作り、実行させてから判断するという自動機能。検出が難しいと言われているポリモーフィック型ウイルスへの対応も可能です。

ワームの無断送信防止
自分が知らない間にウイルスをメール等で撒き散らしていないか防ぐことができる。疑わしいプログラムがメール送信する直前に確認画面が出ることから防止に繋がります。使用者が被害者にも加害者にもならないことが可能です。

自動定期ウイルス検査
パソコン内にウイルスが無いか、自分の調べたい周期で定期的に自動検査することが可能です。

ノートンについて不具合について